就活のために学生時代にやっておいた方がいいことは、次のようなことです。 ・読書をする ・人脈を広げる ・無我夢中で頑張ったといえるものを持つ ・会話力をつける ・資格取得 まず、読書をすることによって、今まで自分にはなかった発想や考え方ができるようになり、一回り自分を成長させることができます。 また、面接で「好きな本は?」と聞かれることもあるので、その際にも役立つでしょう。 人脈を広げるのも大事なことで、その人脈から就職先が決まる可能性がありますし、色々な人の話を聞けるため、本当に自分がやりたい仕事が分かってきます。 そして、面接で必ず聞かれるのが、「学生時代に何を頑張ったのか?」ということです。 ありきたりでも良いので、無我夢中で本当に自分が頑張ったといえるものを一つでも良いので持っておきましょう。 それに、面接では大人と会話しないといけませんから、どうしても緊張してしまうものです。 できるだけ学生時代から年上と話す経験を積み、会話力をつけてください。 それから、なりたいと思う職業があるのであれば、その職業に必要となる資格を取得しておくといいでしょう。